保育内容

幼児期は心と体を十分に動かせる集団生活の場が必要です。いろいろな活動や遊びに主体的に関わる中で、友だちや先生に応援されたり、助け合ったりしながら、最後まで粘り強く行うことで、充実感や満足感を味わえます。
また、集団生活を通して社会生活の基礎となる多くの物事、感情を体験する場が必要です。笑ったり泣いたりしながら関わり合いの中で、少しずつ自分と相手との違いに気づき、相手を受け入れ、自分自身も受け入れていく心の強さ、優しさ、柔軟性、共感力、伝えあう力を育てます。


・ 豊かな心と丈夫な身体の子ども

・ 神さまとお友だちと、共に生きる子ども

・ 生きる力を持った子ども

・ 自分の思いをいっぱい出せる子ども








8:30 登園
朝のあいさつをして身支度を整えます。

9:00 自由作業/モンテッソーリ活動

教具など自分で選んだお仕事をします。
(日によって横割りや縦割りでクラスに分かれ活動します)

10:00 朝のつどい

お祈り、歌、リズム運動などをします。

10:30 設定保育/戸外遊び

各年齢にあった活動を行います。

11:45 給 食

温かい手作り給食をいただきます。

13:00 自由遊び

友だちと外で元気に遊びます。

14:00 降園準備

身支度をして帰りの準備をします。

14:30 1号児は降園/預かり保育

2号児はそれぞれのお迎えの時間まで過ごします。



*さらに保育中、横割りの時間に体育・英語・リトミック・ダンスのレッスンを専門の先生にお願いしています。少人数という強みを活かすことで、効果が出やすく一人ひとりが目に見えて伸びています。

*月に1度子ども礼拝があり、神父様のお話を聴きます。
カトリック精神に基づき、日々お祈りの時間を大切にしています。


教育標準時間認定児(1号児)をお預かりいたします。
通常保育終了後、18:00まで(基本17:30)行っています。
※長期休暇中も、預かり保育あります。
※詳しくは直接お問い合わせください。





・英語(イースターバニー)


・体操(カワイ)

・ピアノ(カワイ)

・サッカー(エンゼルキッズ)


・サッカー(ライズサッカークラブ)


メールでお問い合わせ 携帯サイト QRコード

↑ページのトップへ